宮本百年史 history for 100 years in Miyamoto.

宮本商産百年史目次

 

序 章   オベリベリの夜明け

第1節    発展は監獄開設がきっかけ

第1章   宮本富次郎の出現

第1節                                          和歌山県に生まれる

第2節                                          明治36年十勝入り

第3節                                          西2条5丁目に移転

第2章   度重なる不運

第1節                                          苦境救った高倉安次郎

第2節                                          レンガ造りの店舗建設

第3節                                          肥料代で焦げつく

第4節                                          明治末から大正中期の世相

第3章   宮本醸造工場の創設

第1節    高橋三郎の「醸造の思い出」

第4章   宮本家の家系図

第1節                                          病弱だった義雄

第2節                                          2度の召集令状

第3節                                          陰の功労者、スマエ

第5章   宮本富次郎商店の変遷

第1節                                          大正2年にシェル石油と特約

第2節                                          酒卸問屋の思い出

第6章   初期の宮本を支えた社員

第1節    本行虎太郎は名支配人

第7章   経済界のリーダーへ

第1節                                          道商工会聯合会会頭に選出

第2節                                          再度帯商会頭に就任

第8章   創業50周年を迎える

第1節    個人経営から株式組織へ

第9章   商圏拡大、札幌への進出

第1節    白石区に営業所開設

10章  相次いで両親を亡くす

第1節                                          帯広経済界の巨星堕つ

第2節                                          富次郎の人となり

11章  新生・宮本商産の歩み

第1節                                          60周年記念式と社名変更

第2節                                          社内報『平和』の創刊

第3節                                          新社屋の落成

第4節                                          石油危機を脱する

12章  親子二代の会頭就任

第1節    政治に関与する

第13章       義雄社長の人物像

第1節    宮本には独特の“家風”

第14章       未来に向かって

第1節                                          国分との提携

第2節                                          両社長の抱負

第3節                                          先見性と決断力

 

進む→